<   2005年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今日で実質卒業ということになりました。
懐かしいことだらけで胸がいっぱいです。
ハンダのむせかえる臭い
体中が冷えまくった液チ交換
楽しいことしかなかったバンドタイム
筋肉で解いた電磁気学
一度も使わなかったジャングルジム

大学生活を振り返ると楽しいことばかりでした。
そして何度も出てきますがI橋君、J門君。お二人にはほんと人生のすばらしさを教えていただきました…心から感謝します、ほんまありがとう!!

こんだけ言いつつ実のところ全然感動がこみ上げてきません。
またそのうち会ってメシでも食えるだろうと思ってるからです。
お二人さん、またバカ話でもしましょうや。
今日はJ門君とアビエイターを見に行く予定だったんですが、J門君がなんだか来れなくなったので一人で見てました。
その時実はJ門君とI橋君でオリジナルCDのジャケットを制作してくれていたんです(泣)
にも関わらずあたしゃ一人で三時間もディカプリオを堪能しておりました…悪いことしてしまいました、誠に申し訳m(_ _)m
3人でバンド組んでんのに私一人CD制作に何の協力もしとりません★
今更ながら映画なんて行ってるんじゃなかったと後悔の気持ちでイッパイです。お二人には当分会えなくなるというのに…
でも離れてしまうことへのヘコんだ感じはやっぱりありません。
やっぱトモダチってええもんやわ!
[PR]
by meta-samurai | 2005-03-30 23:53 | 普段的想い

不便

ここのところなんか不便さを感じる。。。
というのも、私はパソコンを持ってない!
正確に言えばパソコンはあるのだが、ネットを繋いでない。
このブログも学校の研究室のパソコンを使っている。
しかし、もう卒業してしまうのでこのパソコンを使えるのも正味あと2日。。。

先日DIONで契約したのだが、開通するのは4月半ば以降だそうだ。
この半月間就職してパソコンを使わなければならない私にとってまさに生死に関わることだ。

まるでマウス一つ持たされて無人島に置いていかれたようなもの・・・

どうせぇっちゅうねん!

ヤシの木につないでみましょか?
砂浜でマウスを左クリックしてみましょか?
マウスをターゲットに一人ビーチフラッグやってみましょか?
まぁこの場合ビーチドラッグだけどな!
砂浜にでっかくMOUSE って書いて通りかかる船にマウス持ってることをアピールしましょか?

これから半月間なんとか生き延びてみせます・・・ボクの15日間戦争の始まりです!
[PR]
by meta-samurai | 2005-03-29 23:23 | 普段的想い

CD製作

今日もバンドのオリジナル曲を録音しておりました。
でも今日やった2時間のうち歌の部分の録音に1時間半!
歌もI橋君が歌うんでその間ブラブラ…
それにしてもI橋君の歌はおもしろい!
マジメに歌ってるんでしょうが合間合間に入る何語かわからない叫びを聞くと笑いがとまりません。
その中でも今日生まれた言葉
サムライチョンマゲ シュビデュバ!」
は傑作でした。
あれ電車の中で聞くと変な人に見られるの必至です。
30分しか演奏しませんでしたが楽しかったです
[PR]
by meta-samurai | 2005-03-28 18:05 | 普段的想い

CD政策

バンドのオリジナル曲を録音してまいりました。
全曲I橋君が作詞・作曲したもので全部すばらしい曲になってます。
今回3時間で10曲以上録音したと思うんですがほんとの一発録りです!
まぁダッシュで駆け抜けたわけですが如何せん私が曲を覚えてませんでした★私がコード覚えるのに相当時間食ってしまって…
みなさん迷惑かけまくってすんませんでしたm(_ _)m

明日もまたがんばります!
[PR]
by meta-samurai | 2005-03-27 23:08 | 普段的想い

ジンバブエの惨状

国連児童基金(ユニセフ)のベラミー事務局長は、ジンバブエでは15分に1人の割合で子供がエイズによって死亡しているとして、この問題に対し世界は資金提供すべきとの見解を示した。

ジンバブエはエイズ感染率が世界最高の国の1つで、子供の死亡率も上昇しているにもかかわらず、他の国に比べてわずかな資金提供しか受けていないらしいんです。ムガベ独裁政権下のためその政治問題を理由に支援国が同国に強硬な姿勢をとっている結果として、罪のない子供たちが苦しんでいるということです。

また、英エコノミスト誌が世界111カ国の1人当たり国内総生産(GDP)や政治の安定、治安、衛生状態、家庭生活などを基準に割り出した「暮らしやすい国」ランキングというのが発表されたんですがその順位を見てみますと、

                   1位 アイルランド
                   2位 スイス
                   3位 ノルウェー
                       :
                  13位 アメリカ
                       :                 
                  17位 日本
                       :
                       :
            最下位(111位)ジンバブエ

とことんダメダメです。でもなぜこんなにジンバブエ情報を言うかというと、私の所属していた(過去形というのが寂しいけど・・・)研究室に研究生としてカステンさんというジンバブエから来ている方がいるのです。その人はジンバブエでは高卒者のわずか2%しか行けないという国内の大学(しかもジンバブエには大学が2校しかない)に進学し、教師になってお金を貯め、母国では大金となる渡航費を出して日本にやってきたのです。国あげての秀才といえるんではないでしょうか?その人と普段話している分には何も考えないんですが、ジンバブエの状況を考えるとほんとにすごい所からやってきたんだなと改めて実感いたします。カステンさんにはぜひがんばっていただきたいと心から願うばかりです。今までお世話になりました。
[PR]
by meta-samurai | 2005-03-26 13:11

DOGVILLE

a0024500_20311887.jpg痛烈です!そんなエグいシーンが多いわけではないのに、心が痛いです。。

人間の欲望をさらけ出した、悪の部分をこれでもかといわんばかりに描写しています。

面白いかどうかは別にして一度観た方がいいです、隣に座っている人に対する見方が変わるかもしれません。

☆☆☆☆☆☆☆★★★
[PR]
by meta-samurai | 2005-03-25 20:32 | movie

さようなら学生生活!

ようやく卒業することができました。

お世話になった皆様に感謝感謝です。
思えば長かったようで短かったこの4年間。。。

1年の頃はほんとに少年ナイフでした。イタかったです。
2年の頃は若干落ち着いたと思いきや女の子との触れ合いが多い年でした。浮かれてました。
3年の頃は遅ればせながら軽音サークルでベースに勤しんでおりました。楽しかったです。
4年になって卒業実験に奔走しておりました。ある意味奴隷でした。

まぁ最終的に4年で卒業できたのはなんといってもI橋君のくれた
1枚の奇跡の紙といっても過言ではありません。
あの紙(神)が舞い降りてこなければ今ごろ卒業式終わりましたっていうメールを家でもらい、来年他の研究室を破門になったT君と共に実験装置をぶっ壊す計画をたてていたことでしょう。

I橋君、ほんとにあざぁ~す!

また、J門君、F本君、Y田君など私の4年間をエロく、そして充実した有意義なものにさせてくれた友人にはほんと助けられました。この大学入ってほんとによかったです。
それと高校時代の友達・両親・サークルやバイトで出会ったいろんな人・学科で出会った全ての同級生に感謝いたします。

卒業式の後飲みに行った4人のメンバーは卒業後は就職2人、天狗2人という全く別々の道を歩むことになりますがこれからもなんら変わりない付き合いをしていきたいと思います。

最後にメールで送った文章と若干かぶりますが一言。

卒業おめでとうございます。
みんなと飲んで騒いだたわいもないあの時間は一生忘れません。
家に帰った途端どしゃぶりの雨が降り注いできました。ほんとにラッキーです。
そして帰ってすぐつけたテレビの向こうからは「石原都知事が花粉症に・・・」っていうニュースを大まじめに報道していました。
こんな平和な世の中に生まれ、数ある大学から数ある学部から数ある学科から数ある同級生からみんなに出会えた私は幸せ者以外の何者でもありません。

みなさんほんとにあざぁ~す!
[PR]
by meta-samurai | 2005-03-25 17:48 | 普段的想い

愛・地球博

愛・地球博が25日から始まりましたね。
20年も経てばこれが30年前の大阪万博ぐらいしょぼくみえてしまうんでしょうけど。

まぁそんな先の話は置いといて、今の最新技術が集約されたなかなかお目にかからない
イベントなので機会あれば行ってみたいとは思います。

そして開幕3日前から既に並んでいる人もいるとか…

一番乗りを掲げているその男性はいろんなとこで一番乗りを達成しているらしいですね。
大阪花博やらハウステンボスやら…

それにしても

アホだ…

なんてアホなんだ…

アホにもほどがある…

赤の他人の行動でここまで引いたのはこの人が初めてです。ある意味ありがとう。

そりゃフリーターにもなるでしょう。
普通に仕事してる人だとあり得ないでしょう。

「すんません、有給3日もらっていいですか?」
「いいけど何するんだい、旅行でも行くのか?」
「いえ、愛・地球博に一番乗りしたいんで今からちょっと並んできます」

有給却下決定!

こんなことして何のメリットがあるんでしょうか?

働けよ…と。

この3日間何もしないってことでしょ?

生産しろよ…と。

まぁ近くのコンビニでメシ買うらしいから消費だけはするんでしょうが…
そんなこと取り上げるマスコミも落ちたもんだな…と。
その記事を見て感想書いてる私もいかがなもんか…と。

リニモが人数オーバーで止まったりサツキ・メイの家の入場券とるためにローソンのロッピーの回線がダウンしたり森林伐採で場所作ったりといろんな問題抱えてますがとりあえず成功祈ってます。

愛・地球博が「愛知窮迫」にならないことをただ祈るだけです
[PR]
by meta-samurai | 2005-03-25 13:26 | 普段的想い

京都帰省

一週間ほど京都に寄生帰省しておりました。

まぁ高校+予備校時代という青春ど真ん中を過ごした景色はあいも変わらず
いつもの情緒をかもしだしておりましたがそれとはまた違った香があったのも事実で・・・

それは今回の帰省には大学の友人J君とF君も舞い降りたことでした。。。
青春18切符という魔法の片道切符を握りしめて!

あれほんま安いですね!東京~京都が片道2300円ですよ!
新幹線で行くより片道1万円は安いですよ!
まぁ8、9時間かかるがな・・・(疲)この疲労&移動時間と運賃を天秤にかけてどちらを優先させるかは個々の判断にお任せいたします。

F君とJ君は一日違いでおこしやしたんですが先に来たJ君との1日目のデートコースは・・・
近所の壬生寺西・東本願寺東寺というまさに定番コースを周りました。

しかもチャリンコで!

チャリンコあると移動がスムーズですな、しかも初春の風を体に感じつつ路地裏をスイスイ~
京都は細くて狭い一通の道が結構多いので車で移動するよりチャリンコが大活躍するんです。

150年前に新撰組の屯所だった旧八木邸や兵法調練場に使われた壬生寺にチャリンコで訪問

親鸞によって開かれ、後に豊臣秀吉の寺地寄進によって建てられた浄土真宗総本山の本願寺の寺門前にチャリンコを路上駐輪

平安時代に空海(弘法大師)が真言宗の道場として使い、焼失した後は徳川三代将軍家光によって再建された世界遺産の東寺の横をチャリンコで爆走

いやぁ歴史に触れるってホントいいもんですなぁ
それをよく感じてしまうってのは少し大人になったってことかな☆
[PR]
by meta-samurai | 2005-03-21 13:17 | 普段的想い

I didn't know what to do...

この前嫁さんと別れました。
2年ちょっとの関係だったので世間的にも長い方ではないかと。
我ながらよくもったと自我自問しています。

でも別にケンカしたとかいうわけでもなく、
かといってどちらかに新しく好きな人ができたとかいうわけでもなく…
別れる理由トップ10には入らないような事が原因です

それは…一言で表せません。
私の表現力が貧弱なのかそれを表す言葉が実際に存在しないのか…

まずきっかけは彼女「性格」と「安定」どっちをとるかで悩まない日がなく毎日辛いとのこと。
そんなことに悩んでる自分の卑屈さに対しての嫌悪感に苛まれるということらしかったのです。
そこで私は言いました。
「じゃあ別れようか、とりあえず終了ということで☆」
この言葉の裏には彼女を苦しみから解放してあげようという狙いがありました。でもそれだけじゃなく複雑な気持ちが混在しているのですがそれを言葉で表せません。
彼女が以前に私のことを「家族の一員みたいに感じている」といった事。
お互いの気持ちを分かりすぎてしまってる事。
彼女の将来の安心感に対する期待の重みが大きすぎる事。。。

こういう素材を全部背負ってこそこの状況を分かってもらえるのかも。

まぁいろんなことがあった結果こちらからエンディングを引き出しました。
いつものように明るく一片の曇りもないように・・・

でもそこで彼女が付け加えた事は
「でも会うペースは今までと同じでいきたい」

これはどういうことなんでしょうか?

私は過去の女性との別れる理由ははっきりしていました。
それは「別に付き合うという関係やなくてもええやん」というただ一つです。
それは友達感覚になってしまったからです。確かにその瞬間も好きですよ、
でもそれは男友達にもいえてただ性別が女である、そういう感覚になってしまってたからです。だから別れた後も二人で遊びに行くということも「友達」という感覚だからこそ何のためらいもなくしますし、そういう関係は至極普通に行えました。
ただ「付き合う」という言葉の枷を外しただけ、そんな感じでしょうか?

でも向こうはそういうのに若干の抵抗が否めないのか、自然と疎遠になっていってしまったのが実情ですけど…異性の友達関係ってあり得ないんでしょうか?
少なくとも私の場合には当てはまりませんが。
そういう感じで終わっていくカップルって多いのか否か・・・

だから彼女も同じく「付き合う」という言葉からの呪縛を解きたかっただけなんでしょうか?

そんなこんなで今彼女には新しい彼氏がいます。
私が終止符を打ってからわずか10日後に聞かされました。
相手はお医者さんだとのこと。

ともかく今彼女は確実に「安定」は手に入れて幸せなので応援することにします。

それでも私と彼女は週数回メールしてます。電話もしてます。この状況はどうお考えですか?
一番知ってる私ですら第三者にこの状況を半分も伝えられてはいないのを感じています。

言葉って伝達手段のはずなのにそれを使うことで「言葉」という範囲内でしか表現できないという
別の拘束が生まれるんですね、いやぁ難しいです。
[PR]
by meta-samurai | 2005-03-19 19:44 | 普段的想い